【ポケモン新作発表会まとめ】 Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ、ポケモンクエスト

レッツゴーピカチュウ・イーブイ発表アイキャッチ

日本時間、2018年5月30日 10:00

唐突に始まったメディア関係者向け「ポケモン新作発表会」

実は、当サイトの「スイッチ版ポケモンまとめ」でも度々登場したEurogamerの公式ツイッターが「日本に来ています」とツイートしていたり

海外で有名なリーク情報者「エイミー」さんが情報を流していたので、ポケモン界隈は「本当なのか?」「まじでくるの?」とざわざわしておりました。

発表から質疑応答まで、一部ライブ配信にて閲覧することができましたのでまとめております。

ポケモン新作に関するまとめ

まずは発表された情報を簡潔にまとめます。

発表されたのは2018年~2019年に関するトピックス。つまり来年の情報まで発表されたことになります。

  • 2018年5月30日(水)|ゲームフリーク新作「ポケモンクエスト」発売(Nintendo Switch|スマートフォン)※スマホ版は後日
  • 2018年11月16日(金)|ポケットモンスターシリーズ本編「Let’s Go!ピカチュウ・Let’s Go!イーブイ」(Nintendo Switch)
  • 2018年11月16日(金)|新開発のデバイス「モンスターボール Plus」
  • 2019年後半|And More…「ポケットモンスター完全新作」

ニンテンドースイッチ新作「ポケモンクエスト」

まずは本編ではない作品です。

ダウンロード無料のNintendoSwitchとスマートフォン向けマルチプラットホームソフトとのことです。

なんと配信は本日5月30日!!(※スマホ版は6月末を予定)

既に公式サイトもオープンしています。

ニンテンドースイッチ本編「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ 公式サイト

※「本編」ではありますが、「第8世代」ではないスピンオフ作品のようです。

5月に入ってから思いっきりリークされていましたが、ついに公式発表となりました!

発売日は2018年11月16日(金)です!

イーブイズ使いとしては感慨深いものがありますね…。

リーク情報通り「ピカチュウ版のリメイク」「戦闘システムは継続」「連れ歩き」「ポケモンGOと連動」「ゲット方法はポケモンGO式」などなど。

ただ、完全なリメイクではなく作り直しているみたいですね。

「野生との戦闘がない」ということも発表されていましたので、ゲームキューブで発売されていた「ポケモンコロシアム」のような展開になりそうです。

他に最新動画では「二人同時プレイ可能」「モンスターボール型コントローラーデバイス」などが見受けられます。

このデバイスはおそらくポケモンGOと連動したり連れ歩いて何か特典のある「ポケットピカチュウ」のような役割にもなりそうです。

ポケモン(映像ではピカチュウ、イーブイのみ)の着せ替えもありました。

詳しくは公式サイトのYoutube映像を御覧ください!

また、質疑応答で「オンラインサービスがない」という話が出ておりましたが、まだ発表できないところもあるようです。

Q.「従来の通信対戦・交換はある」とのお話でしたが、こちらは、オンラインで世界中の人と繋がれるような、通信対戦・交換、という認識でよろしいでしょうか?

A.インターネット及びローカルでの通信対戦・交換は可能です。但し、『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』までの、バトルスポット(レーティングバトルやフリーバトル、オンライン大会など)、GTS、ミラクル交換といった機能ではなく、もう少しシンプルな機能です。内容については後日ご紹介いたします。また、上記の機能を使用するためには、9月より正式スタートするNintendo Switch Onlineへの加入が必要です。

引用:ファミ通

公式の略称は「ピカブイ」みたいですね!

「新ポケモンの登場」も確定しました!

公式Twitterによると「1匹の新しいポケモン」とされています。イーブイ…ということは…?

アイキャッチ
第8世代でイーブイの新しい進化先は登場するのか?映画「みんなの物語」がヒント?

モンスターボール Plus

Let’s Go!ピカチュウ・Let’s Go!イーブイの映像ではコントローラーのように操作したり、ポケモンをデバイスの中に入れて持ち歩く様子が見受けられます。

おそらく「ポケモンGO Plus」のような機能もあり、「ポケモンGOとの連動」はこのデバイスを介するのではないでしょうか。

昔なつかし「ポケットピカチュウ」のような役割も果たしそうです。

発売日はLet’s Go!と同時となる2018年11月16日(金)を予定しています。

2019年後半|ポケットモンスター完全新作

そして、リーク情報にはなかったまさに「世界驚愕」の新情報。

2019年後半に完全新作発売予定!!

アニメ「サン&ムーン」の展開に追いついていないことや8世代作品がリメイクなの?という疑問がありましたが、これでスッキリしましたね!

「ピカブイ」はスピンオフ作品として第7世代、あるいはバーチャルコンソールのような対戦環境とは完全に別物の可能性があります。

2019年度の公式大会もウルトラサンムーンの第7世代で開催される可能性が高くなりました。

発表会質疑応答

「登場するポケモンは初代の151匹でしょうか?アローラナッシーなどは登場しますか?」

「基本的には151匹です。アローラのリージョンフォームは登場します。」

 

「イーブイなのはなぜなのか?GOとどのように連動するのか?」

増田氏「もともとピカチュウ版の中でライバルがイーブイを使うこと。そして、Twitterなどをやっている中でイーブイファンの方は情熱が凄い。イーブイというものを魅力的にしてくれていた。ファンの方が11月21日はイーブイの日と制定してくれていて、その熱量と可愛さに負けました(笑)ピカチュウと対になるポケモンとしてイーブイにしました。」

増田氏「ポケモンGOとは直接通信をします。」

 

「PVの最後にスペシャルポケモンという表記がありましたが、リージョンフォーム以外に新たなポケモンが出てくるのでしょうか?」

石原氏「スペシャルポケモンと書いてあったのはLet’s Go!の中に出てくる新しい一匹のということになります。今まで出ていないポケモンです」

 

「ユーザー間の通信交換・対戦などはあるのでしょうか?従来どおり一人一台という形でSwitchが複数必要になるシステムでしょうか?

増田氏「まず対戦と交換は今までどおりあります。基本的には2台必要です。ですが、兄弟でプレイするときなどはアカウントを使って複数のセーブデータを持ってプレイすることもできます」

 

「任天堂は9月からオンラインサービスを開始されますが、Let’s Go!の中でオンラインサービスを使用するようなものはありますか?」

石原氏「オンラインサービスの中で今考えているものはございません」

 

「来年後半に出る予定のもうひとつの作品について、Let’s Go!ピカチュウ・イーブイとはまた違った作品になるのでしょうか?」

石原氏「来年発売予定のソフトは完全新作ということですので、XY・サンムーンのような流れになります。」

 

「ポケモン本編はずっと携帯機でしたが、今回は据え置きのSwitchに出すということで、どのような経由だったのでしょうか」

石原氏「ニンテンドースイッチは据え置きと携帯の両方の性質を持っていますので、シリーズの良さをさらに拡大できるということでSwitchでのリリースを決定しました」

 

「来年の完全新作について、もう少しゲーム内容など教えていただくことはできますか」

石原氏「現時点でお話できることはないのですが、ただ今回のLet’s Go!についてはホームコンソール(据え置き)として楽しむことを重視しましたが、次の作品ではより携帯機として楽しんでいただけるように開発をしています」

 

「Let’s Go!について、ポケモンGOとの連動で楽しく遊べることはよくわかりました。逆にスイッチを持っていなくてポケモンGOをやっているプレイヤーがLet’s Go!をプレイするメリットを教えてください」

増田氏「ポケットモンスターシリーズの中ではかなり特殊な作りになっていますが、例えばお父さんやお母さんと一緒に外出してポケモンGOで捕まえたポケモンを家に帰って育てることができたりするので、ポケモンの世界が豊かになっていくという楽しみ方ができるんじゃないかと思います」

石原氏「両方遊ぶと両方良いことがあるようになっていますから、ポケモンGOプレイヤーにとってもプラスになるアイデアが入っているということを言っておきたいと思います」

 

「ポケモンクエストについて、スイッチとスマートフォンのデータは共有できるのでしょうか?また、常時インターネット接続が必要になるゲームでしょうか?」

石原氏「基本的にはスイッチとスマートフォンは別になっているので、データの共有性はありません。また、常時インターネット接続の必要もありません。」

 

「ニンテンドースイッチを据え置きと携帯の統合機として認識されているということなんですが、スイッチというハードについてと、2019年に発売される新作についてスイッチをどのように活かしていくのか、ビジョンはありますか」

石原氏「まずいくつかのメディアでもお話していますが、スイッチがスタートしたとき任天堂さんには申し訳ないんですけ”うまくいかないんじゃないか”と思っていたんですけど、ゼルダの伝説を始めとした優秀なソフトが引っ張っていって今の成功があるんじゃないかと思います。」

石原氏「そうはいってもこのタイミングでLet’s Go!を出せているということはそれ以前(スイッチ成功前)に開発を始めているというわけで、我々は”Let’s Go!でスイッチを盛り上げてやるぞ”という気持ちで開発をしていました。」

石原氏「Let’s Go!はポケモンGOでポケモンを始めた人が次に遊ぶポケモンのゲームというイメージが強いです。そして、家庭用ゲーム機のポケモンとして一つ答えが出せる作品になっていると思います」

石原氏「来年の完全新作については、スイッチは携帯機であると。スイッチを携帯機として遊ぶとどうなるんだろう?ということをお見せできると思います。」

 

「Let’s Go!の開発はスイッチ発売前からということでしょうか」

石原氏「開発には結構時間がかかるんですよ(笑)」

 

「モンスターボールPlusについて、光って音が出るということですが新しい端末として稼働する可能性は考えていらっしゃいますか」

石原氏「何かほかの使いみちがあるか?ということですか?実は言いますと私が最初に考えていたのは”ポケモンGO Plus”の次に作る新しいデバイスというのが最初のスタートでした。」

 

※一部通信状況が悪く聞き逃しあります。文章については質疑応答の内容によって一部整えております。

質疑応答以外、新作発表会の様子はYoutubeにアップロードされているので、ゆっくり見たい方はこちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。