【注意】「ポケモン0」「ポケモン1」が”フェイクニュース”である根拠

フェイクニュース

ーーニンテンドースイッチで発売されるポケモンの最新作タイトルは「ポケモン0」「ポケモン1」

2018年早々、こんなウワサが流れてきました。

99.9%デマ

なんですが、各所まとめサイトなどではデマであると言いながらも激しく情報拡散されており、タイトル先行で本当だと信じている方も多いので、今回は「デマであるという根拠」を揃えて注意喚起させていただきます。

「ポケモン0」「ポケモン1」の情報源はどこ?

pokemon0pokemon1

まず発信源を特定します。海外ニュースサイトによると発信源は「アメリカの2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」と呼ばれる匿名掲示板サイト「4chan」だそうです。

この時点で怪しいのですが、4chanに投稿されたとあるURLが今回の情報源です。

https://ja.scribd.com/document/368285833/EUIPO-eSearch

下へスクロールしていくと見たこともないロゴがあり、これが巷で出回った「ポケモン0」と「ポケモン1」の正体です。

EUIPOというのはヨーロッパの商標登録などを取り扱っているところです。上記URLによると2018年1月2日に任天堂(住所地京都府)から商標登録されて、受付中だという表示が出ています。

「じゃあ正しい情報なんじゃないか!?」ということで、一気に広まってしまったんですが、先ほどのURL先はEUIPO公式サイトではなく「SCRIBD」というドキュメント共有サイトです。

本当のEUIPO公式サイト「pokemon0」「pokemon1」と検索しても対象のロゴは出てこないのです。

4chanの発信源となった投稿を見ると上記のロゴ画像とともに「EUIPOのサイトから削除されたけど、アーカイブがある」と、投稿者は書いていますね。

つまり、この投稿者による悪質なフェイクニュース。日本風に言えばコラージュ画像による釣りです。

このように、情報源がハッキリすれば

ポケモンXYのロゴに似すぎだろもうちょっと頑張れよ

という感想になります。無責任に拡散しまくったまとめサイトは「デマの可能性が高い」じゃなくて、もうちょっと突っ込んで説明してほしい。

海外のニュースサイトはこの情報をどう受け止めたか

日本でこれだけ拡散されているわけですから、海外のニュースサイトでも大きな話題になりました。

しかし、ここでは日本のまとめサイトとは違って「デマだ」明確に否定しています。(根拠は先ほど説明した通りです)

ゲームの情報を幅広く扱う有名サイト「comicbook」では冒頭でいきなり否定。

No, Pokemon 0 and Pokemon 1 are not the next Pokemon games.

ポケモン0とポケモン1はポケモン最新作ではない。

引用:comicbook

comicbookでは「今回の情報はデマだが、サン・ムーンが商標登録から情報漏れしたことがあった。拡散されてしまったのはその影響もあったのではないか」と考察しています。

最後に「こんなMSペイントで作ったようなロゴに騙されてはいけない」と皮肉ってます。

一見衝撃的な情報ですが、「日本企業の任天堂が1月2日に商標登録するのか?」とか「ロゴをクリックしたらサンとムーンの商標情報に飛ぶんだけど」とか冷静に考えればデマ要素しかないわけです。

僕もファンサイトとして、フェイクニュースに踊らされないよう気をつけていきたいと思います。